船内機 i6 series
ディーゼルボート用ターボ過給機付き

船内機
船内機
船内機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
船内
動力源
ディーゼル
用途
ボート用
技術
ターボ過給機付き, コモンレール
冷却システム
水冷式
大気汚染防止基準
Tier 3, Tier 2
動力

730 ch, 800 ch, 850 ch (730 hp)

シリンダー数

6 unit

排気量

13 l (3 gal)

回転数

2,450 rpm, 2,674 rpm, 2,845 rpm (15,394 rad.min-1)

消費

142 l/h, 157 l/h, 162 l/h (38 us gal/h)

ボア径

126 mm (5 in)

ストローク

166 mm (6.5 in)

長さ

1,800 mm (71 in)

922 mm (36 in)

高さ

1,103 mm (43 in)

重量

1,215 kg (2,679 lb)

詳細

エレガントなデザインカバー 実証済みおよび修正されたエンジンコンポーネント 最大 1,800 barの MAN Engineinesを備えた現代コモンレール噴射システムは、米国フロリダ州のフォートローダーデールボートショーで最新世代の6 気筒エンジンを発表するように設定されています。 これらのエンジンは、最大 55フィートのヨットやトロール船、スポーツ釣りボートで使用するように設計されています。 基本的な6 気筒エンジンは、2007 年に初めて導入されて以来、オンおよびオフロード機械の広い範囲で何十万回も試され、テストされています。 特にプレジャークラフトでの使用のために変更された、2つの6 気筒インラインエンジン、537キロワット(730 馬力)i6-730および588キロワット(800 馬力)i6-800は、12.4リットルのシリンダ容量を有する各々は、軽負荷操作のために現在利用可能である。 また、D2676モデルをベースにした未来型のi6-800およびi6-730ヨットエンジンは、高平均圧力と最適化された燃焼用に最大 1,800バールを提供する最新コモンレールシステムを備えています。 これにより、MANエンジニアは低い振動と騒音の排出量を達成し、燃料消費量を削減することができます。 厳格な排出規制の遵守を確保するため、MANは米国環境保護庁(EPA)や国際海事機関(IMO)などの機関と定期的に情報とデータを共有しています。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

MAN Truck & Bus SE - Engines & Componentsの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。