船首スラスタ- SRP-R series
船用油圧格納

船首スラスタ-
船首スラスタ-
船首スラスタ-
船首スラスタ-
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
船首
応用
船用
電源
油圧
その他の特徴
格納
出力

最大: 5,000 kW (6,798.1 hp)

最少: 330 kW (448.7 hp)

詳細

パワフルで信頼性が高く、柔軟性に富んだSCHOTTEL Retractable RudderPropellerは、実績のあるSCHOTTEL RudderPropellerの格納式バージョンです。SRP-Rは、格納された状態では、完全に360度操舵可能な推進ユニットとして機能します。SRP-Rは、最大の操縦性、高い推進力、正確なダイナミックポジショニングを兼ね備えています。また、格納式スラスタには、8度傾斜したプロペラシャフトを装備することができます。これにより、推進ユニット間およびユニットと船体間の相互作用を低減し、推進効率をさらに高めることができます。 アドバンテージ 一目瞭然 HTG、高性能ノズル、ProAnode、LeaConなど、SCHOTTEL独自の機能を搭載。 98度ギアボックスによる駆動効率の向上 フレキシブル。さまざまなオペレーションプロファイルに適応 SRP-RTは格納式トンネルユニットとの組み合わせが可能 持ち帰り用システムとしても使用可能 成功したSCHOTTEL RudderPropeller技術に基づく 実績あるSRPの継続的な開発 SRPは、常に最新の技術を提供するために、継続的な開発が行われています。今日、ラダープロペラには、幅広い動力源や設置方法をカバーする数多くのバリエーションがあります。この豊富なバリエーションにより、SCHOTTEL RudderPropellerは非常に汎用性が高く、特殊な要求にも対応できるようになっています。 1950年、今日のSCHOTTELグループの創始者であるヨーゼフ・ベッカーが開発・製造し、瞬く間に近代造船業の世界で足場を固めました。SRPの最大の特徴は、推進装置とアジマス・ステアリングの組み合わせにある。これによりラダーが不要となり、エンジンパワーを最大の推力に変換することができる。

---

ビデオ

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。