作業船業務用ボート / 船外機
Rhino 600 EHD

MyNauticExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
作業船業務用ボート 作業船業務用ボート - Rhino 600 EHD
{{requestButtons}}

特徴

  • タイプ:

    作業船

  • モーターのタイプ:

    船外機

  • 長さ:

    6.1 m (20'00")

  • 定員:

    12 unit

詳細

サイ600 EHD -余分頑丈-はサイ590 EHD Mk2を取り替えている。
サイ600 EHDは沖合いの弓‐のキャッチャーの構造のために設計されている。 workboatに沖合いの曲げキャッチャーのボートの着陸の従事のためのカスタマイズされたforepeakの構造がある。 使用上の安全のために、forepeakの曲げキャッチャーは基本的な外皮に溶接される別の単位として設計されている。 厳しい影響のローディングが曲げキャッチャーへの損害を与えるかもしれない極度な環境条件では、これは表面的、外皮の完全性自体を妥協しない。

技術は標準に6メートルの容器荷を積み、単一か対の船外モーターによって合うことができる。

技術はまたはコンソールおよび飛ぶ人の座席整理と合われて供給された裸、耕うん機によって作動させるモーターを受け取ることができる。 手前側にあるディーゼルモーターは必要であれば合うことができるが私達のより長い版はこれらの適用のために推薦される。

標準機能はベンチ座席をとの立てるgunnels、十字の座席の下の燃料タンクの貯蔵、ポリプロピレンの側面のグラブライン、係留クリート、打ち、繋ぎ止めるデッキのための付加的なパッド目を含み排水溝はself-drainingのデッキのためにはためく。
forepeakはロッカーによって、弓ステップおよび取り外し可能なステンレス鋼の手すりの港および右舷合う。 forepeakのほかにEHDに3トンの証拠付繋ぎ止めるか、または波立つボラード、また側面sponsonsの実物大の30のmmの厚い影響または摩擦条板が、先にある。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)