船用推進システム BIMS®
自動定点保持機能

船用推進システム
船用推進システム
船用推進システム
船用推進システム
船用推進システム
船用推進システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
船用
その他の特徴
自動定点保持機能

詳細

AP-/DP-および操縦の性能の改善 舵力の測定によって システム利点: 操作を操縦する信頼でき、安全な動的位置/ DPおよびAPモードのより少ない舵の動き 改善された効率による省エネ ケース バイ ケースで後方のトンネルのスラスターの除去 排気縮小 「より静かな」舵システム 減らされた操縦の応答時間 かなりより少ない舵の動き 減らされた無駄および維持費 操作を今日操縦するComputerised 現代動的位置方式(DP)および自治操縦装置システム(AP)は風センサー、モーションセンサー、回転羅針儀、GPSデータ、等と結合される参照センサーの位置からのコースか位置を、例えば維持するいろいろな入力信号を利用する。これらのデータはITシステムによって予測されるべきコースか漂流を可能にし、容器の推進システムのアクチュエーターを制御する対策を計算するために処理される。入力データおよび処理は良質であるが、容器の動きの応答だけを反映する。慣性により操縦に十分な質を会わないし、提供しないこれらのの強さの大きい減少に制御信号を引き起こす。舵プロペラの整理のために比較的高い訂正は高い舵力の生成に終って舵の角度に、適用された。容器は反対の方向の同じような対策に終って予測された軌道修正に多くにより、必要回る。この効果はヒステリシス、か一定のコースか位置のまわりで絶えずそしてもっとまたはより少なく強い変動を働かせるステアリング・ギヤは舵の弾くによりで起因する。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。