風力タービン用ケーブル用オフショア支援船 SOV T38-14

風力タービン用ケーブル用オフショア支援船
風力タービン用ケーブル用オフショア支援船
風力タービン用ケーブル用オフショア支援船
風力タービン用ケーブル用オフショア支援船
風力タービン用ケーブル用オフショア支援船
風力タービン用ケーブル用オフショア支援船
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
風力タービン用ケーブル用
長さ

59.6 m (195'06")

定員

38 unit

詳細

IHC SOV T38-14 は、洋上風力発電、石油・ガス産業の両方の要件を満たす最新鋭のサービスオペレーション船です。 高度に統合されたオフショア船の建造における当社の豊富な経験が、この船の設計に生かされており、完全に統合されたサービスオペレーションパッケージを特徴としています。 パフォーマンスの頂点 最適なパフォーマンスのために調整・統合されているのは技術的な側面だけではありません。騒音や振動の低減、効率的なルーティング、乗員を中心としたインテリアデザインなど、乗員の快適性に特別な注意が払われています。 ハルデザイン 船体は、CFDツールとモデル試験の両方を用いて最適化されており、優れた航続・停泊能力を持ちながら、トランジット時の低抵抗を達成しています。IHC SOV T38-14では、当社の実績ある船体設計がさらに強化され、安定したプラットフォームを実現し、速度とDPでの穏やかな動きと低加速度を実現し、最大限の稼働率を実現しました。 革新的な発電のコンセプト パワージェネレーションと管理システムは、運用プロファイルに基づいて設計されています。ミッションと設計の最適化を十分に理解した上で、燃料消費量と排出量を削減し、エンジンの整備をほぼ半減させることができます。さらに、エンジンの稼働時間を大幅に短縮し、整備費用や消耗品を削減することができます。 インテリアデザイン IHCでは、乗組員の経験をもとに、究極の快適性と安全性を追求した設計を行っています。ジムからレクリエーションエリア、調理室から個室まで、船内のあらゆる部分が自宅のように感じられるようになっています。

---

カタログ

T38-14
T38-14
2 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。