1. 海上機器
  2. 甲板機械・荷役
  3. 船用クレーン
  4. Liebherr-International Deutschland

船用クレーン RL-K Series
デッキナックルAHC

船用クレーン
船用クレーン
船用クレーン
船用クレーン
船用クレーン
船用クレーン
船用クレーン
船用クレーン
船用クレーン
船用クレーン
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用分野
船用
タイプ
デッキ, ナックル, AHC, ナックルブーム
使用荷重

50 t, 100 t, 300 t (55.1 us ton)

詳細

ラムルフナックルブームクレーン-RL-K Liebherrのラムルフナックルブームクレーンシリーズ(RL-K)は、特に石油・ガス産業向けに開発されました。 アプリケーションには、供給およびメンテナンス作業、パイプの取り扱いが含まれます。 ナックルブームのユニークなデザインは、作業半径を最適化し、クレーンの柔軟性を向上させます。 テールスイング半径が3メートル未満のRL-K 2600は、このシリーズの中で最もコンパクトなクレーンです。 深海ウインチとアクティブ膨潤補償システム(Heavetronic)を搭載したRL-Kは、深海クレーンとしても使用できます。 どちらもLiebherrからの開発であり、リトロニックの制御システムに完全に統合されています。 装備 ナックルブーム ナックルブームのデザインの特長は、機械式ナックルトランスミッションです。 それは10メートル未満の最小動作半径を容易にし、RL-K 4200では、実質的に180°にブームのほぼ完全な拡張を可能にします。 コンパクトな設計 RL-K 2600の本質的な設計要素は、クレーンに機械ハウスがないことです。 代わりに、コンポーネントは旋回柱に統合されます。 インテリジェントな設計により、メンテナンス作業に常時アクセスしやすくなります。 この省スペース設計により、RL-K 2600のテールスイング半径は3メートル未満です。 したがって、クレーンは、デッキ上のスペースが限られているプラットフォームや船舶での作業に適しています。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。