タッカ-

MyNauticExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
タッカ- タッカ-
{{requestButtons}}

詳細

順序はここにある: TACKERが既に拘束されてしまったspinnakerの鋲にspinnakerの頭部、spinnakerのクリューへのシートに揚げ綱を、降ろし網、渡し、TACKERをfurled headsailのまわりで、切、spinnalerの鋲に急な手錠をそして高く上がる付けなさい。 シートを整えれば降ろし網およびあなたは航海している。 降ろし網は、ほとんどの場合、操作をもっと簡單にするspinnakerの鋲のロープの長旗と常に取替えることができる。
当然棒とTACKERなしでspinnakerを飛ばすことができるが命綱の上の幾つかのフィートを飛ばすように慣習的なspinnakerが設計されていることを覚えておく。 そのフィートは(クリューと鋲間で)横常にべきである。 デッキへspinnakerの鋲をしっかり止めることは帆を置く最もよい方法ではない。 それは余りに低速であり、spinnakerは弓講壇および命綱で摩擦する。 長旗か降ろし網を加えれば、spinnakerは風下に落ち、長旗は講壇で摩擦し、帆は形を緩める。
それはTACKERが日を救うときである。 それは鋲を握り、ボートおよびそれの中心線の近くのspinnakerのラフは、完全なトリムのために降ろし網と上下に調節することができる。
新しいTackerはと今オペレータがspinnakerの鋲を吹くことを可能にするそれを帆を制御することもっと簡單にするsnapshakle、合う。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)