タグボート
B848

{{requestButtons}}

特徴

  • 長さ:

    30 m (98'05")

詳細

最初の引っ張りは2001年4月のWUZ港および海上サービス株式会社に提供され、Taurusと呼ばれた。 それは35トンのボラードの引きを有する。 満足の高レベルが原因で同じ顧客別の容器をより強いの発注した。 2009年1月で彼は55本のボラードの引きのVirtusと呼ばれた新しい引っ張りを受け取った。

容器は2つのCAT主要なエンジンによって動力を与えられる-各々の1765のkWおよび56トン以上ボラードの引きを与える2つのSCHOTTELの舵のプロペラ両方および12,6の結び目は促進する。 容器電気ネットワークは2組の108 KVAの発電機セットによって供給される。

Obrazek
引っ張りは自動引張り、引く張力モニタリングシステムが付いている力を引っ張る150 kNが付いている1つの引くウィンチが装備されている。 ウィンチはリモコン局部的にあり。 キャプスタンと同様、2つのアンカーウィンチとともにこのウィンチは機械類部屋の共通のパワー・パックから水力。

すべての調節、管制室と同様、操舵室は冷暖房がある。

設計: 海軍工学及び設計株式会社、設計No. B848に従うポーランド。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)