クルージングメガヨット HAIDA G
クラシック高部操舵室スチール製

クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
クルージング
スタイル
クラシック
デッキレイアウト
高部操舵室
素材
スチール製
長さ

71.1 m (233'03")

詳細

元々はドイツのKRUPPがミリオンレア酵母生産者MAX C. FLEISCHMANNのために1929年にCOX & STEVENSのデザインから製造したもので、HAIDAとして発売されました。その後、様々な所有者を経て、SARINA、ROSENKAVALIER、そして1999年には新たな所有者とヨット愛好家がこの船を手に入れました。彼は、彼と船がそれまでに何度も何度も通過してきたので、その遺産と状態をよく知っていました。それは運命としか思えなかった。 船を元の姿に戻すために、彼はハイダGと再洗礼しました。 メインエンジン以外のフルリフィットでは、ほとんどのシステムが新しい配管とケーブルに交換されました。100トン以上のスチールが交換され、何百ものリベットが溶接され、完全な水密性を確保してヨットをクラスに戻す必要がありました。 油圧モーターが格納されているメインデッキには、伝統的に設計され、現地で製作されたキャストダビットが設置されています。カーボンファイバーで補強されたマストは、オリジナルの寸法に合わせて設計・建造されました。チーク材のデッキは一新され、塗装されたステンレス製のガードレールと中央のジャグジーの上には日よけ構造が追加されました。 独創的にデザインされたオリジナルの真鍮製の水密窓は、すべて改装され、磨き上げられ、完璧な状態に戻されました。ヨット全体のマホガニーと白のパネルは、クラシックな雰囲気を維持するために細心の注意を払ってブラシで塗装されており、大理石のモザイクはすべての客室に使用されています。

---

カタログ

GENERAL CATALOGUE
GENERAL CATALOGUE
76 ページ

TURQUOISE YACHTSのその他の関連商品

FLEET

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。