水路調査船 ATAIR

水路調査船
水路調査船
水路調査船
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

長さ

75 m (246'00")

定員

15 unit

16.8 m (55'01")

喫水

5 m (16'04")

排水量

3,536 t (3,898 us ton)

速度

13 kt

乗組員数

18 unit

エンジン出力

1,600 kW (2,175.4 hp)

詳細

"Atair "は、大気汚染物質の排出量が極めて少ない液体天然ガス(LNG)を燃料とする推進装置を搭載した世界初の政府系研究船です。 2020年に就航予定で、ドイツの環境認証 "Blauer Engel "を含む最新の環境規制に準拠しています。Atair」は、北海やバルト海での調査や沈船捜索を行うほか、海洋環境のモニタリング、航海機器やレーダー機器の技術試験などにも投入されます。本船はこれらの任務のために、最先端の科学機器や研究室、サポートする船舶センサーや処理システムを備えています。ファスマー社は、ATAIRを最高の品質と性能基準を満たすように設計しました。特に、先進的な船型と極めて静かな電気推進システム、最適化された7枚羽根プロペラの組み合わせにより、国際海洋探査評議会(ICES)の勧告とDNVGLのサイレントクラス表記に適合する非常に低い水中放射ノイズ信号を実現しています。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Fassmerの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。