ボート用受信機 / ナブテックス
SNX-300 Navis USA LLC

{{requestButtons}}

特徴

  • 応用:

    ボート用

  • 機能:

    ナブテックス

詳細

特長


2005 年 7 月 1 日から有効なIMO 解像度と性能基準に設計された新モデル(IMO 解像度 MSC.148(77)ITU-R、M.540-2、M.625-3、IEC-61162)。
• 英語チャンネル(518KHz)とローカルチャンネル(490KHz/4209 .5KHz)は、
内蔵の2 台の受信機によって同時に受信されます。
• 外部ナビゲーション機器やチャンネルからのメッセージの設定を受信します。

チャネルあたりの平均長 8,000 文字を含む200 以上のアドバイザリのストレージ。
• チャネルごとに50のメッセージを永久に保存し、72 時間
の受信レターを保存します。
• 電圧保護回路によって実行される自動電源遮断。
• IEC-61162に準拠したINS(統合ナビゲーションシステム)とインターフェースする。
仕様

▶ 一般的
• 温度:-15 ℃ 〜 + 55 ℃
• 湿度:40 ℃ で95 %
• 電源:DC 10 〜 36V、12W @24V
• サイズ:255W × 163H × 75D(mm)
• 重量:2.6kg



▶ レシーバー
• 受信周波数:518KHz(英語)、490KHzまたは4209.5KHz(ローカル)
• 受信方法:F1 B.B. NAVTEX 放送
• 受信感度:2 e.m.f(50Ω)、4 % エラー率
• 周波数精度:± 10
• アンテナインピーダンス:50Ω(アクティブ)、パワー9V(内部電源)
• メッセージ:A:ナビゲーションアラーム、B:天気アラーム、C:氷山アラーム、D:R & S、E:天気予報、F:パイロットメッセージ、G:AISメッセージ、
H:LORANメッセージ 、J:SATNAVメッセージ、K:その他の航行支援メッセージ、L:追加ナビゲーションアラーム、Z:メッセージなし

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)