海用ラジオ / 船用 / MF / HF
SRG-2150DN / 2250DN

{{requestButtons}}

特徴

  • 応用:

    海用, 船用

  • ネットワーク:

    MF, HF, GMDSS

詳細

特徴

• ITU、IMOおよびGMDSSと迎合的
• 作り付けDSCのコンパクト及び送信機受信機
• NBDPターミナルのための大きいLCD (10.4)との読みやすい情報
• Rx及びTxの読みやすい頻度一度に
• 送信機出力、頻度及びチャネルの利用できるスキャンの可変性

• 10Hzステップシンセサイザとの頻度のために安定性が高い
• 作り付けのアラームシグナル(2182KHz)
• 100つまで貯えることはメッセージを送信した(編集可能)
• 100つまで貯えることは受け取ったメッセージ(苦脳および普通のための50のメッセージ毎に)を
• 容易な維持のための自己診断機能

指定

▶大将
• Frequenceの範囲: TX: 1.6~27.5MHz (10Hzステップ) RX: 500KHz~29.9999MHz (10Hzステップ)
• TX/RXチャネル: ITUは、300の記憶チャネル運ぶ
• 頻度許容: 10HZの中では
• タイプの放出: J3E、H3E、F1B
• 操作: 単信及びSemi-duplex
• 周囲温度及び湿気: -15℃~+55℃、95%
• 電源: DC24V±15% (受信の2.5A、Transmittion/SRG-1150DNの15A)
(受信の2.5A、Transmittion/SRG-1250DNの25A)


▶の送信機
• タイプの放出および出力: J3E (150W)、F1B (100W)、H3E (75W): SRG-1150DN J3E (250W)、F1B (150W)、H3E (75W): SRG-1250DN
• 調節: 低レベルの釣り合った
• 占められた帯域幅: J3E (3KHz)の中では、F1B (0.5KHz)
• ツートーン遭難信号: 1300年、2100Hz

▶の受信機
• 感受性: J3E 3uV、F1B 3uV、H3E 6uV、S/N 20dB 100m/w
• 中間周波数: 49.455MHz、455KHz
• 全面的なゆがみおよび騒音: 20dBより多く
• 入力インピーダンス: 50Ω

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)