モーターボート用自動操縦装置 NAC-3
計算機

モーターボート用自動操縦装置
モーターボート用自動操縦装置
モーターボート用自動操縦装置
モーターボート用自動操縦装置
モーターボート用自動操縦装置
モーターボート用自動操縦装置
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
モーターボート用
タイプ
計算機

詳細

製品詳細 高電流出力 長さ10メートル(35フィート)を超えるボートには、NAC-3オートパイロットコンピュータをお勧めします。 Simrad RPU160、RPU300などの大電流駆動ポンプ、Simrad DD15などのメカニカルドライブ、HLD2000シリーズなどの油圧リニアドライブ、ソレノイドバルブの動作定格です。 仮想ラダーフィードバック Simrad仮想ラダーフィードバック(VRF)技術は、船体と船外船(船内/船外)ボートに乗って別のラダーフィードバックユニットを設置する必要がなくなります。 これにより、オートパイロットシステム全体のコストと複雑さが軽減され、機械的な制約によりフィードバックユニットが実用的でない場合に最適です。 物理ラダーフィードバックセンサを必要とする船舶の場合、NAC-3はSimNetまたはNMEA 2000® に接続されたSimrad RF25フィードバックユニット、およびSimrad RF300を含む可変周波数出力を備えたラダーフィードバックセンサをサポートします。 簡単な取り付け 業界標準のNMEA 2000® ネットワークとNMEA 0183® 入力により、ボード上のどこにでも設置されたヘッディングセンサー、ラダーフィードバックユニット、オートパイロットコントローラ、多機能ディスプレイに簡単に接続できます。 主な特徴 連続ステアリング技術に基づく信頼性の高い自動操縦性能 長さ10メートル(35フィート)を超えるボートにおすすめ 大電流駆動ポンプ、機械式ドライブ、油圧リニアドライブ、ソレノイドバルブに対応 仮想ラダーフィードバックを簡素化船外ボートおよびスターンドライブボート への取り付け Simrad RF25およびRF300ラダーフィードバックユニットNMEA 2000® ヘッディングセンサー、ラダーフィードバック、専用オートパイロットコントローラ、および多機能ディスプレイ NMEA 0183® 入力への接続

---

カタログ

Autopilot Guide
Autopilot Guide
8 ページ
2018 catalogue
2018 catalogue
18 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。