クルージングメガヨット DAR
高部操舵室

クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
クルージングメガヨット
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

用途
クルージング
デッキレイアウト
高部操舵室
長さ

90 m, 91.5 m, 95 m (295'03")

詳細

DAR - 2018年 90m / 295ft デバストデザインによるモダンで革新的なエクステリアデザインとヌヴォラーリ・レナードによる洗練されたインテリアデザインが特徴の90m艇「Y717」は、他のどのスーパーヨットにもない斬新なデザインと技術の進歩により、OceancoのDNAを受け継いでいます。また、オランダで初めてロイズ・レジスターの統合ブリッジシステム(IBS)の認証を受けたヨットでもあります。 TRANQUILITY - 2014年 91.5m / 300ft TRANQUILITY, (Y709) (旧Equanimity)は、PYC(Passenger Yacht Code)に準拠して設計・建造された初のプライベート・スーパーヨットです。最大26名のゲストと最大33名の乗組員が快適に過ごせるように、柔軟な宿泊プランを用意しており、美観や技術的な要素を損なうことなく、すべての安全基準を満たしています。モナコに拠点を置くオーシャンコの社内デザイン部門は、当初の砕氷船の船体にシックでクリーンな現代的なデザインを施しました。他の豪華な設備の中でも、この船のハイライトは、海に直接アクセスできる折りたたみ式のプラットフォームを備えた壮観なビーチクラブと、ジムを備えていることです。 インディアン・エンプレス - 2000年 プロジェクトHは2000年に「アル・ミルカブ」として就航し、進水時から15年以上にわたり、オランダで建造されたヨットとしては最大の規模を誇っていました。Oceancoの "A "グループは、この船の建築と内装を担当し、ジャン=ピエール・ファンティーニが監修しました。広大なメインデッキには、レセプションエリア、オフィス、待合室、書斎などがあります。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。