縦揺れセンサー WS-PDS
動きローリングアングル

縦揺れセンサー
縦揺れセンサー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

測定可能値
縦揺れ, 動き, ローリング, アングル, 位置, 進行方向用
応用分野
海用, 海洋学調査用
その他の特徴
NMEA 2000®

詳細

WS-PDS - ウェーブセンサーの海中用デュアルアンテナ版 主な特長 - 5cmの波高精度 - 0.1 秒 波周期精度 - 0.5° 波向精度 - 0.02° ピッチ&ロール精度 - 5cm/5%ヒーブ精度 - 40cm DGPS / 1cm RTK位置精度 - 海底環境密閉型 - オプションの内蔵データロガー - Buoyのコントローラとの互換性 Inertial Labs社は、フーリエ係数とエネルギーの完全なセットとしてスペクトルデータを生成するWave Sensors (WS)を開発しました。ウェーブセンサー(WS)は、高性能なストラップダウン方式の波浪・方向・運動センサーで、搭載された機器の有効波高、最大波高、波周期、波向、波エネルギー、方向幅、フーリエ係数、平均広がり角、ヘディング、ピッチ、角速度、加速度、磁力計データ、温度、ヒーブ、ヒーブ速度、位置が測定されます。 慣性研の波浪計は、加速度計、地磁気センサ、ジャイロセンサ、気圧センサの3軸を搭載し、波浪特性、ヒーブ、スウェイ、サージ、ピッチ、ロールを正確に測定することができます。 波浪計(WS)は、ブイや浮体式プラットフォームのコントローラと簡単に統合でき、リアルタイムでデータを送信することができます。 慣性研は、実績ある専門知識と技術革新への継続的な投資を通じて、価格と性能比の最適なバランスのソリューションをお客様にお届けします。
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。