ボート用落水救難システム 51715

ボート用落水救難システム
ボート用落水救難システム
ボート用落水救難システム
ボート用落水救難システム
お気に入りに追加する
商品比較に追加する

特徴

特性
ボート用

詳細

この救助装置は、マーカブイとサルベージスリングの組み合わせを表し、したがって両方の機能を達成します。 この装置は、セーリングヨットの操縦士が片手でブイを活性化できるように設計されています。 ブイは、ヘルムスマンの位置に近いベルクロテープでレールに取り付ける必要があります。 バッグはボートの外側に向かって配置する必要があります。ハンドルは下向きに作動します。 操縦士が装置を起動すると、ブイは水の中に落ち、すぐに膨らみます。 したがって、事故の位置を遅滞なくマークし、救助装置を犠牲者のすぐ近くに設置することができます。 ポールの上の信号ライトは、水と接触すると点滅し始めます。 信号灯とポールの上の旗は、水面の約2m上に位置しています。 サルベージスリングが水中のブイを安定させ、底部の重量がブイを直立させるため、強い風で過酷な条件下でも旗と信号光は簡単に見ることができます。 海のアンカーは、ブイが活性化の初期点からあまりにも多く離れてドリフトすることを回避します。 ブイは、被害者の手の届くところにホイッスルとポールの上にレトロ反射ストライプが追加装備されています。 したがって、ISAF特別規則のすべての要件は、項目4.22 a)およびb)は完全に満たされています。 被害者は、ポールの周りにウェビングアセンブリをつかみ、その体をサルベージスリングの両翼の間に置くことができます。 ウェビングアセンブリの一端には、犠牲者が反対側のフックを閉じる追加のセキュリティのためにその体の周りに置くことができるステンレス鋼カービンフックが装備されています。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。