ボート用ビミニトップ / コックピット / ステアリングステーション

{{requestButtons}}

特徴

  • 応用:

    ボート用

  • 機能:

    コックピット, ステアリングステーション

詳細

1990 年代初頭、自動車部門のソフトトップとハードトップの分野におけるOpacの豊富な経験は、常にデッキやフライブリッジ(コントロールを備えた高架デッキ)上のスペースをカバーする方法のための新しいアイデアを探している造船所の一部に強い関心を集めました。

航海分野では、Opacはビミニトップ、ソフトトップ、ハードトップスを提供しており、ミラーポリッシュされたステンレススチール316Lや適切に処理されたアルミニウムなどの貴金属を巧みに使用しています。 このような材料の使用は、自動処理システムの使用と組み合わせて、当時はかなり革新でした。

これらのアイデアは、世界で初めて航海用継手や部品の建設に最新の自動車工学技術を採用した具体的なプロジェクトに変換することでした。

Opacと造船所との間で継続的なコラボレーションが生まれました。 1994 年に、同社は専門の航海部門を設立し、20 年以上の事業の過程で、196 種類の顧客のために、301 種類のバリエーションで3,200 種類のハードトップとソフトトップを生産しています。

しかし、これらの高い生産量ではなく、むしろ、最も重要なのは、当社の製品に対するお客様の満足度が最大の満足度を提供することです。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)