ボート用プロペラ Bravo Two®
固定ピッチ船外機および船内機3 ブレード

ボート用プロペラ
ボート用プロペラ
ボート用プロペラ
ボート用プロペラ
ボート用プロペラ
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
ボート用
技術
固定ピッチ
推進
船外機および船内機
ブレード数
3 ブレード
特殊性
アルミニウム製

詳細

SPORT シリーズ Bravo Two® – アルミニウム 大きなブレード、大きな推進力 ひねりやターンの間も安定 可能なピッチ 11, 13, 15, 17, 19, 21, 23 回転 LH, RH パフォーマンスベントシステム (PVS) いいえ ボートのタイプ クルーザー, ハウスボート, ラナバウトーカディ, 商用 ブレード枚数 3 材料 Mercalloy Fits ブラボーツー・ドライブ さらに上のパフォーマンス Mercuryはアルミニウムとステンレススチールで、世界でも最高の品質とパフォーマンスと耐久性を持つ船舶用プロペラを作り上げました。最も売れているのも納得です。これまでの経験、専門知識、そして独自の技術であるFlo Torq®、Mercalloy®、X7®合金、PVS® (パフォーマンス・ベント・システム) が、真の競争優位性を与えています。最高の総合的ボート性能を得るには、Mercuryプロペラ以外には考えられません。 ウィスコンシン州フォンデュラックの工場が誇りを持って製造、世界中から信頼を獲得 Mercury®プロペラの製造方法とは、一度に1工程ずつ着実に作り上げます。まずプロペラの鋳型を作ります。特別に調整された高温のワックスを投入します。これは5,000年前の技法です。それから丸2日をかけて、2種類のセラミック表面処理剤を用いて表面を強化する工程を行います。高圧処理装置で蒸気加熱し、160℃で6.8気圧に保ちます。最後に焼成炉で1,100℃以上で焼成します。高熱ですので、作業員はアルミ製の保護服を身に着けなければなりません。これで、強度を増し衝撃耐性も持った鋳型ができました。鋳型の隙間に高温の液体ステンレススチールを流し込み、1,600℃に熱すると、23kgの重さの塊が出来上がります。この鋳型に230kgの溶融金属が次々と流し込まれ、24個のMercuryのプロペラが作り出されます。 鋳型から取り出されたばかりのプロペラはカートに乗せて一時間ほど冷まします。それから削岩機のようなノックアウトマシーンや研削用丸のこ盤、サンドブラスターなどを使ってセラミックの残滓や酸化物の跡を取り除きます。専門の機械職人が砥石で磨き上げ、プロペラを特別な目的に合わせて調整します。研磨機で主羽根のエッジを薄く仕上げ、他の部分もやすり掛けします。

ビデオ

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。