video corpo

船用自動定点保持機能
cPos DP

{{requestButtons}}

特徴

  • 応用分野:

    船用

詳細

cPos-DPは、DNVGL、ABS、CCSなど、すべての主要な分類社会からのIMO 機器クラス1およびDP 関連の表記の要件を満たすように設計された単一のシステムです。


モードと機能このシステムは、さまざまなタイプの操作に対して完全な容器制御を可能にする複数のモードを提供します。

ジョイスティックモード:ジョイスティックにより、オペレータが船の位置と見出しを手動で制御できます。
自動見出しモード:DP 制御システムは、必要な船舶の見出しを自動的に維持します。
自動位置決めモード:DPシステムは自動的に必要な位置と見出しを維持します。
[ ターゲットに追従] モード (オプション): 船が移動するターゲットに自動的に追従できるようにします。
トラックラインモード (オプション): 指定したトラックラインに従って容器を移動させます。 このモードは海洋オペレーション用に設計されており、ナビゲーション用ではありません。
自動操縦モード (オプション): 事前定義された見出しで船舶を自動的に操縦できるようにします。 cPos-DPオートパイロットを自動見出し制御装置としてEU MEDに準拠して承認するには、少なくとも1つのオペレータステーションをコニング位置に配置する必要があります。
cPos-DPユーザーインターフェイスは、システムの効率的で安全な操作のために設計されています。 重点は、論理的な操作、関連情報の効果的なプレゼンテーション、ユーザーフレンドリーさに置かれています。 これにより、広範な警告システムと様々な分析ツールを組み合わせることで、オペレータは優れた状況認識を得ることができます。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)