船用水路データ ロガー JCY-1900

船用水路データ ロガー
船用水路データ ロガー
船用水路データ ロガー
船用水路データ ロガー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

特性
船用

詳細

特徴 最新の性能基準に準拠 2014 年 7 月 1 日に施行された VDR(Voyage Data Recorder)の性能基準の改正に伴い、JRCRC の VDR 第 4 世代モデルである JCY-1900 をお迎えすることになりました。2001年からVDRの開発に携わってきたJRCは、今回の性能基準の改正により、性能、信頼性、長期的なコスト競争力など、細部にまでこだわった最新モデルの開発・設計を行うことが可能となりました。 新性能基準で求められるもの 固定タイプとフロートフリータイプの2種類のカプセルを搭載 固定型とフロートフリー型の両方のカプセルで48時間の記録 30日分の記録/720時間の記録制御ユニット内蔵メディア レーダー2台、ECDIS1台の画像記録 AIS情報の記録 メインマイクの最小2chの音声録音と、外翼マイクの独立した最小1chの音声録音。 VHF呼出音声のマイク音の独立した録音 電子日誌、電子傾斜計、スラスター、BAMS情報の記録※1 システム操作、7インチディスプレイで JCY-1900のために新設計されたのは、フルシステム操作が可能な7インチカラータッチ液晶ディスプレイです。各種VDRアラートを詳細に表示し、どのようなセンサーが接続されているかをステータスを含めて確認したり、レーダーやECDISの最新記録画像データの閲覧、マイクから録音した音声トラックの再生などが可能です。

---

カタログ

JCY-1900
JCY-1900
6 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。