船用遭難時無線標識 JQE-103

船用遭難時無線標識
船用遭難時無線標識
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用分野
船用

詳細

JQE-103は、IMO/CCIR及びCOSPAS/SARSAT規則に準拠した406MHzの緊急信号及び121.5MHzのホーミング信号を伝送するために設計されたフロートフリーの小型EPRIBです。本装置は、IMO SOLAS規則に適合するように装着する必要があります。 概要 GENERAL 船舶から海に投げ込まれたり、遭難時にブラケットから自動的に解放された406MHzの衛星EPIRBは、自動的に406Mhzの緊急信号を発信し、これをCOSPAS/SARSAT衛星が受信して1.5GHzのLUT(Local User's Terminal)に中継します。LUTは、EPIRBの位置情報を含む信号情報をデコードし、航空機や船舶によるSAR運用を迅速に開始するために、レスキューコーディネーションセンター(RCC)に送信します。 特長 406MHzの緊急通信には、船の身元と国籍を含むデジタル符号化されたメッセージが含まれているため、RCCは遭難情報を迅速にキャッチすることができます。 本船の位置を2~5kmの精度で把握することができます。 JQE-103には121.5MHzの緊急送信機が搭載されており、遭難した船のすぐ近くにいる捜索救助機にホーミング信号を発信します。 JQE-103は、水深4m以下の水圧でフロートフリーのリリースブラケットから自動的に解放されて水面に浮上し、ストロボライトの自動点滅で48時間以上の連続発光を行います。

---

カタログ

JQE-103
JQE-103
2 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。