ボート用水路データ ロガー
JCY-1800

MyNauticExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
ボート用水路データ ロガー ボート用水路データ ロガー - JCY-1800
{{requestButtons}}

特徴

  • 特性:

    ボート用

詳細

Yōkoso、新しいVDR

2014年7月1日に力にのJRCの歓迎入って来たまたは、JCY-1900修正された旅行のデータ記録装置(VDR)の標準作業時間と一直線私達が日本のyōkosoで、私達の第四世代VDRモデルに言うように。 2001年に標準作業時間でVDRの開発に最初からかかわって、この最も最近の修正はJRCが所有権の性能、信頼性および長期競争の費用のための細部への標準的な注意の最も最近のモデルを再考し、開発し、設計するようにした。
前のモデルとの相違

新しいVDRの標準作業時間MSC.333 (90)にでき事の録音の条件の主な影響があった。 力に入って来る新しいVDRの規則前に録音の最低12時間は固定で必須だったまたは浮遊物は自由に容器の上に取付けられていて要約する。 2014年7月1日後で、固定および浮遊物の自由なカプセルは取付けられているように要求され、データはVDRの内で貯えられる付加的なdays/720時間30の両方のカプセルの最低48時間の間記録されなければならない。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)