船用水路データ ロガー
JCY-1900

{{requestButtons}}

特徴

  • 特性:

    船用

詳細

ヨーコソ、新型 VDR

2014 年 7 月 1 日に発効した航海データレコーダー(VDR)の性能基準に沿って、JRCは日本で言うように、第 4 世代 VDRモデルであるJCY-1900に歓迎します。 2001 年の初めからVDRの開発に携わってきましたが、この性能基準の最新の改訂版により、JRCは性能、信頼性、長期的な競争力のある所有コストに関する詳細に対する標準の注意を払って最新モデルを再考、開発、設計することができました。
以前のモデルとの違い

新しいVDRパフォーマンス標準 MSC.333(90)は、イベント記録要件に大きな影響を与えました。 新しいVDR 規制が発効する前に、船内に設置された固定カプセルまたはフロートフリーカプセルで最低 12 時間の記録が必須でした。 2014 年 7 月 1 日以降は、固定カプセルとフロートフリーカプセルの両方を取り付ける必要があり、データを両方のカプセルに最低 48 時間記録し、VDR 内にさらに30 日/720 時間保存する必要があります。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)