船用ウィンチ / ROV (遠隔操作無人探査機)のアンビリカル ケーブル / ランチアンドリカバリーシステム / 電気駆動
MO-E/160/4000-34

{{requestButtons}}

特徴

  • 応用分野:

    船用

  • 使用:

    ROV (遠隔操作無人探査機)のアンビリカル ケーブル, ランチアンドリカバリーシステム

  • ドライブ:

    電気駆動

詳細

「 IBERCISA MO-E \/160 \/4000-34超深海のWorkclass ROV配置システム。
Ibercisa MO-Eの\/160 \/4000-34可動装置はLARS最高にクラス、ultra-deep水、重いWorkclass ROVの粗い環境の配置を提供する。
- 十分に統合された13.6t配置システム。
- 特許を取られた減摩の巻くシステム。
- へその生命は伸びた。
- ほとんどの重いWROVs、TMSおよびtoolskidsのために設計されている。
- 超深海の軍事行動能力。
- 設計過程の間の厳密なFMEA。
- 最大限に活用された、最高にクラスのへその処理。
- 活動的な隆起の補償が付いている高速電気ウィンチ。
- Ultra-compact構成。
- DNVの製品認定。
- 総重量ca. 30t。
- 最大限に活用された配達時間(可能な副12週)。 \ /html」

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)