発泡ポリ塩化ビニルコア材 Corecell™ T

発泡ポリ塩化ビニルコア材
発泡ポリ塩化ビニルコア材
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
発泡ポリ塩化ビニル

詳細

構造泡の中心 産業等級の構造泡 prepregの処理と互換性がある 優秀な強さおよび剛さ:重量比率 すべてのポリ塩化ビニールの中心の適用のために適した 優秀な機械特性 顕著な化学抵抗 120°C処理 樹脂の注入のための理想 導入 Gurit® Corecell™ Tは従来のポリ塩化ビニールおよびバルサ材の構造中心からの科学技術のステップ変更として開発された。Gurit® Corecell™ Tはバルサ材かX-PVCが一般的のあらゆる適用の顕著な中心材料である。高い機械靭性および熱安定性はGurit® Corecell™ Tの優秀な疲労の特徴を与える。この信頼性はGurit® Corecell™ Tに架橋結合されたポリ塩化ビニールのための自然な取り替えか重要な耐用年数が要求される適用のバルサ材を作る。 Gurit® Corecell™ Tの高温安定性はまた終わる150°C/300°F.への治療周期の間に短い持続期間の少なくとも120°Cへの製造工程で使用することができることを意味する。これはそれを慣習的なprepregsとのそして高い樹脂のexothermsが頻繁に見ることができるある液体の注入プロセスの使用にとって理想的にさせる。Gurit® Corecell™ Tはあらゆる樹脂の注入のフォーマットで利用でき、ポリエステル、vinylesterおよびエポキシ樹脂 システムと互換性がある。Gurit® Corecell™および独特なナイフの低い樹脂の吸収の特徴は他のどの構造中心もより高い実行注入、低い樹脂の費用及び低い重量をフォーマットを可能にする切った。

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

Guritの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。