食品用廃棄物シュレッダー 500A-MC
船用

食品用廃棄物シュレッダー
食品用廃棄物シュレッダー
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

廃棄物の特徴
食品用
応用分野
船用

詳細

ディスポーザーのサイズの選択は、タイプと生ごみの量または1食あたりの人数に応じて決定されます。 モーターの出力を上げ、粉砕ユニットを大きくすることで、粉砕能力を高めるだけでなく、粉砕された生ごみをウォータートラップや排水管に送り込むポンプや輸送能力を高めることができる。例えば、お皿から生ごみを取り除く際に1~2時間連続運転するなど、ディスポーザーを長時間停止せずに運転することが予想される場合は、より大きなモデルを選択する必要があります。 同様に、2つのモデルの間に境界線がある場合は、常により大きく、より強力なモデルを選択する必要があります。 ベーシックモデルは、さまざまな取り付け方法が用意されているため、シンクや洗浄ライン、作業台などに簡単に取り付けることができ、独立したユニットとしても使用できます。また、連続供給とバッチ供給の両方に対応したフィッティングも用意されています。 食品廃棄物の例:皿の残り、肉や魚の切れ端、鶏の骨、パスタなど。作業ステーションの例:コールドビュッフェ、バー、皿から食べ残しを取り除く洗浄ラインなど。 食品廃棄物の例:中骨、カニの殻。作業ステーションの例:調理場、生ゴミの清掃ステーション。 食品廃棄物の例:あらゆる種類の骨。 作業ステーションの例:鍋敷きステーション、粗相の清掃ステーション。 生ゴミの量が多く、ディスポーザーを長時間連続して稼働させる場合。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。