トレーリングサクションホッパしゅんせつ船専用船 TSHD 4000
沿岸

トレーリングサクションホッパしゅんせつ船専用船
トレーリングサクションホッパしゅんせつ船専用船
トレーリングサクションホッパしゅんせつ船専用船
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

タイプ
トレーリングサクションホッパしゅんせつ船
その他の特徴
沿岸
長さ

87.3 m (286'05")

TPL

6,600 t (7,275 us ton)

詳細

寸法とパフォーマンス 長さo.a. (船首ユニット除く)87.3m ビーム成形19.6 m 深さ成形8.8 m ドラフト(浚渫)6.4 m トレーリングサクションパイプの直径800 mm 浚渫深度30 m ホッパー容積4,000 m3 デッドウェイト(最大)6,600 t 速度(荷重)11.9 kn ディーゼル動力4,400 kW搭載 ディーゼルエンジンの最小量 低排出またはゼロ排出の将来の開発を考慮:このTSHDには、最小量のディーゼルエンジン(通常の操作ではわずか3個)があります。さらに、これらのエンジンは中央のエンジンルームに配置され、利用可能な動力を最も効率的な運転に利用できます。 最適なレイアウトの浚渫システム 浚渫システムは、非常に重要なシステムであり、摩耗や損傷を被り、修理の場合に設備投資やダウンタイムに影響を与えます。このTSHD設計には、すべてのポンプとボックスクーラーを含む1つのポンプ室があります。最小限の量のドレッジバルブが配置され、最小限の量のベンドがあります。ディーゼルエンジンの効率的な電力利用により、陸上での排出に利用可能な大量の電力があります。 ハルデザイン 船体は船の操作と最小限の水と空気の抵抗に焦点を当てて設計されています。水中の形状は浅瀬での航行に最適化されており、波を最小限に抑えて波止場や岸の浸食を最小限に抑えます。喫水線の上の船首形状は、最小限の横面積でデッキ上の緑色の水を最小限に抑えるように設計されています。

カタログ

NEW TSHD SERIES
NEW TSHD SERIES
2 ページ
TSHD SERIES
TSHD SERIES
2 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。