クルージングヨット OCEANIS 35.1
キャビン3室キャビン2室二枚舵

クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
クルージングヨット
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

使用目的
クルージング
キャビン数
キャビン3室, キャビン2室
付属品
二枚舵
索具
バウスプリット付き
その他の特徴
ツインステアリングホイール
全長

10.5 m (34'05")

3.72 m (12'02")

喫水

1.56 m, 1.94 m (5'01")

エアドラフト

15.6 m (51'02")

エンジン出力

30 ch (30 hp)

燃料積載量

130 l (34 gal)

清水タンク容量

130 l, 200 l (34 gal)

詳細

41.1型の伝統を受け継いだ先代モデルの精神に忠実なOceanis 35.1は、海上でのパフォーマンスと快適性を兼ね備えています。Oceanis 35.1のインテリアは一新され、エクステリアも再設計されました。 建築家Finot-Conqによるチネード船体は、快適性と帆走時のバランスの良さを特徴としており、このサイズのボートの市場への参入は特に注目に値するものとなっています。 ツインラダー、マストの後方への配置、最適化されたセイルプランにより、2つの船体は優れた性能を発揮し、航行中の安定性も抜群です。 イタリアのデザインチームにとっての課題は、以前のバージョンでは船首への開口部が提供していた視覚的な視点を維持しながら、サルーンのリビングスペースを増やし、オーナーキャビンのプライバシーをより大きく確保することでした。 新しいL字型のギャレーは、対面式のサルーン配置を可能にしました。テーブルを囲んで8人が座れるようにスペースが最適化されています。より現代的なバージョンをお望みの方には、ロングギャレーのレイアウトもご用意しています。 実用的で効果的なこの船は、折り畳むことでサルーンのスペースを広く取ることができます。 オーシャニス35.1は、様々なセーリングプログラムに対応できるように設計されており、船上での様々なライフスタイルに対応できるように設計されています。 - メインセイル 25,75m² 277 sq ft - ファーリングメインセイル 22,00m² 237 sq ft - ジェノア (106 %) 28,65m² 308 sq ft - 非対称スピネーカー 78,84m² 849 sq ft - コード 0 47,83m² 515平方フィート - セルフタッキングジブ 20,77m² 223平方フィート - I 12,45m 40'10' - J 4,29m 14'1' - P 12,20m 40' - E 3,90m 12'10'

---

カタログ

Oceanis 35.1
Oceanis 35.1
12 ページ
OCEANIS 35.1
OCEANIS 35.1
6 ページ
OC 41.1_38.1_35.1
OC 41.1_38.1_35.1
60 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。