制御装置
AquaScan

{{requestButtons}}

詳細

コントロールユニットはAquaScanシステムのヘッドです。

それは4つの入力チャンネルを持っているので、4つのCSEカウンタ、4つのCSWまたは2つのCSFのいずれかに接続することができます。 また、COMポートとアラームポートが装備されており、どちらも多機能です。 COMポートは、コンピュータへの接続や高度なデジタルIO 機能などに使用できます。 アラームポートは、外部サイレンに接続し、パルス信号を送信し、PLCに接続してポンプを制御することができます。

内蔵サイレンは、カウント中に変更やエラーをオペレータに通知します。 メモリチップは、最後に関する情報を格納します 16 カウント操作.

100VAC ~ 240VAC 上で動作し、過電圧および電力サージに対する保護機能が組み込まれています。 しかし、それが起こった場合、メモリはブラックアウトの前に最後にカウントされた番号を記憶します。

サポートフット/スイングハンドルの組み合わせにより、ユニットの位置決めや持ち運びが容易になります。 バックライト付きディスプレイは、日光の下でも読みやすいです。

全体のAquaScanシステムは始めるのは簡単で、使いやすいです。 各チャンネルにカウンタを接続したら、前面のOn/Offボタンを押すだけで、コントロールユニットはシステムを数秒で起動し、実行します。 それからそれは約を入力するだけです。平均重量とシステムはカウントの準備ができています。

コントロールユニットには、パネルマウントが可能な取り付けフレームを取り付けることもできます。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)