レベルセンサー / 船舶
Smart EP Wärtsilä SAM Electronics

{{requestButtons}}

特徴

  • 測定可能値:

    レベル

  • 応用:

    船舶

詳細


水平なセンサー対スマートなWärtsiläはとりわけ船の乾燥したコンパートメント、ビルジおよび無効スペースの氾濫の連続的なモニタリングのために設計されている完全な独立レベルの測定の単位である。それは安全なリターンに従うのにAPSSのスマート対レベルのセンサーを(SRtPの)規則を左舷に取るために使用する。

液体の流体静力学圧力は液体が付いている直接接触にあるセンサーによって直接液体の存在は浮遊物スイッチによって独自に検出されるが、測定される。圧力に相当するディジタル信号は液体、独立したセンサーによってそれぞれの検出に測定し、局部的に使用されるか、または中央集権型に送信される。