ボート用スクリュー / 固定ピッチ / シャフトドライブ / 3 ブレード
O propelerima SCAM-Marine d.o.o.

{{requestButtons}}

特徴

  • 応用:

    ボート用

  • 技術:

    固定ピッチ

  • 推進:

    シャフトドライブ

  • ブレード数:

    3 ブレード, 4 ブレード

詳細

記述
プロペラか「ねじ」は共通のタイプの船の推進力である。
プロペラの構造は比較的簡単である、耐久性は船の耐久性を超過する、維持費は非常に小さい、価格は比較的低く、比較的高く効率である。 すべてのこれらの理由のために容器の最大数は推進力のためにプロペラを使用する。
プロペラは縦に置かれるか、またはハブで傾く刃および円錐ハブから成っている。 プロペラシャフトのためのハブに円錐穴がある。 刃およびハブは単一部分として投げられる。 それは青銅、とりわけマンガンまたはニッケルアルミニウム青銅から成っている。
それは2つから6つの刃を有することができ3つか4つの刃は共通である。 ほとんどの容器は1つのプロペラを備えているが、2つを使用する、または幾分まれに3つか4つのプロペラがないそこ。 古典的なタイププロペラのほかに、またノズルのプロペラ、可変的なピッチプロペラ、折るプロペラ、counter-rotatingプロペラ(DUO-PROP)等がある。
プロペラの行為のさまざまな理論があり、最も古く、最も簡単な理論はナットに滑らせ、ピッチによって増加する回転の数と等しい速度がある糸が付いているねじの原則との1である。 但し、水粘着性が原因でプロペラ(容器)の速度はピッチによって増加する回転の数より小さい。 ここに私達はプロペラ(容器)の実際および理論的な速度の比率である「スリップ」述べてもいい。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)