回転ナイフ切断機 / 電動 / テキスタイル / 造船所用
SW12S Rasor Elettromeccanica

{{requestButtons}}

特徴

  • タイプ:

    回転ナイフ

  • 電源:

    電動

  • カット対象素材:

    テキスタイル

  • 応用:

    造船所用

詳細

SW12Sは織物および技術的な生地分野の適用のために適した高い厚さのための切断の単位である。 それは技術および安全の最高レベルに達する。 それは3Kg保証力および高い厚さの切断の信頼性だけの重量を量る。 刃およびcountebladeの組合せシステムはぼろきれのひかないで鋭く、精密な切口を可能にする。 その180Wattは抗力が高い青銅と結合されたモーターのバランスをとり、沈黙させたまたは鋼鉄ギヤカップリングは長続きがする安定性を作成する。 8端120mmの直径のナイフは多数の層の50mmの厚さまであらゆる生地の切口を可能にする。 SW12Sの基盤は基盤と生地間で摩擦自由であるために塗られるTeflon®である。 minimunスペース内のslinding柵にこの切断の単位を取付けることは可能である。 石造りシステムを削る押しボタンはナイフを取除かないで10秒以下のナイフの刃の削ることを可能にする。 このモデルは固定か自動鐙がねの容易な適合を可能にするアンカーフランジと整理される横の切口に特に適している。 プロセスモデルを整えるcontinuouosのためにSW12SはモデルSW12SSXとして左側版でまた利用できる(鏡の様な)。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)