ボート用船尾骨材チューブ
MAUCOUR FRANCE

{{requestButtons}}

特徴

  • 応用:

    ボート用

詳細

この土台はブラケットとカップリング間の中間軸受けのための必要性があるとき推薦される。 また慣習的なsterntubeとして使用されるが、この場合有害な片持梁を避けるために船尾のあまりを超過しないことが保障することは必要である。

このシステムはresinedべきエポキシの管および後部軸受けとして使用されるcutless軸受けを含んでいる。 2つの標準的な長さで利用できる、顧客は便利で管の長さを調節できる。 異なった長さの管を要望に応じて提供することは可能である。

適用によって、通常エンジンの冷却装置に接続される水入口は、シールの近くの管でセットアップすることができる。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)