上陸用舟艇 / アルミ製
LC 6500 LAMOR

{{requestButtons}}

特徴

  • タイプ:

    上陸用舟艇

  • その他の特徴:

    アルミ製

  • 長さ:

    6.5 m (21'03")

  • 定員:

    6 unit

詳細

LC 6500は1.1 m (43.3の)の広い船首斜板が付いている高い等級の海洋アルミニウムから成っている強い着陸飛行機である。着陸飛行機は荒海の優秀で、楽な海の処理および操縦性のために設計され、テストされる。

岩が多い海岸で上陸するときV形外皮、キールおよび縦桁は安定性および保護を与える。外皮は別のビルジ ポンプが装備されている3つの水密コンパートメントに分けられる。さらに、LC 6500に保護ゴム製D80フェンダーがある。着陸飛行機に乗組員を含んでいる1100のkg (2425のlbs)の高い貨物積載力がある。

外皮は5つのmm (0.2の)の海水の抵抗力があるアルミニウムから成り、すべてのworkboatの正規の標準に従って溶接される。平らな同じ高さのself-drainingのデッキにすべり止めアルミニウム版がある。デッキの下の貯蔵コンパートメントは入手しやすい直通水堅いハッチである。着陸飛行機は船尾および4つの持ち上がるポイントの頑丈な引くポストが付いている4本の係留のボラードが装備されている。

3つの版は利用できる、未決エンジンの選択である;船外に、対の船外かsterndrive。
LC 6500の着陸飛行機はフィンランドの海上連合(FMA)のworkboatsの規則、EUの指令およびISO標準に従って造られる。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)