クルージング競技帆船 / オープントランサム / カーボン製 / 寝台8つ
MYLIUS 60’ CK ELMADA

{{requestButtons}}

特徴

  • 使用目的:

    クルージング競技

  • デッキレイアウト:

    オープントランサム

  • 素材:

    カーボン製

  • デッキ下構成:

    寝台8つ

  • 付属品:

    カンティングキール

  • 索具:

    バウスプリット

  • その他の特徴:

    ツインステアリングホイール

  • 長さ:

    18.6 m (61'00")

詳細


傾くキール

Mylius 60CKの新しいMylius 60FD、aのスポーツの調子の進化は沖合いレーサー及び性能の巡洋艦である。彼女は最も重要な沖合いのレガッタの先導的な役割を担うと想像されるが快適な内陸の夏の巡航を保証するためにまた十分なスペースが装備されている。

ボートの一般的な次元に関連して含まれていた草案(3.500 mm)との安定性の大きい増加を達成する最新式の傾けキール システムをヨットに与える表現されるに従うMylius 60CKの概念は、彼女の最初所有者の、成長したすーっと動く。

完全なカーボン構造(床構造は前pregカーボン繊維システムで造られた) lightshipの状態で15.0トンの下でヨットの変位を含むためにおよび傾けキールによって許可されたバラスト重量の軽減は割り当てた。外皮の容積はより高い航海の速度を考えると全く設計し直され、減らされたかかとで蹴る角度は予測した:LOA/LWLおよびBmax/BWLのより高い比率、より完全な弓容積は、中央部カヌー ボディ深さのきれいな減少とともに横の安定性、非常に平らな後方の出口を、改善する急に燃え上がり、より小さいロッカーはこうして設計されていた。傾けキール システムによって提供される高められた安定性のおかげで60CK寛大な帆計画を示し、純粋なレーサーのそれらの近くのupwindおよび風下に相対的な帆区域の比率を置くことを割り当てる。