ボート用プロペラ軸
CJR Propulsion

{{requestButtons}}

特徴

  • 応用:

    ボート用

詳細

シャフトの設計はプロペラからの変速機にすべての部品を組み込み、システム自由な金庫、振動および有効な作動中を作るために軸受けを含まれている全体のshaftlineの設計から始まる。shaftlineの詳細な分析を可能にすると同時に軸系アライメントの計算および側面振動分析はそれに多大な助力である場合もある。これはある特定の重大なエンジン スピードで振動を、特に減らすために最大限に活用されるべき軸受けの全体の設計、位置およびオフセットと助ける。

あらゆるシャフトのサイズは寿命の間に作動中金庫であるために注意深く計算される。クラス シャフトは特定のクラス規則およびIACSの条件に従う。あらゆるそりによって調整されるシャフトはまたキー溝の応力集中ポイントを避けるためにスプーンでつがれる。

製造業
強さおよび耐食性
ほとんどのシャフトは外科ステンレス鋼より腐食に強く、弾力性のある標準としてMarinemet 25と製造される。極度の二重までの316Lからの他の材料は必要であれば利用できる。

通常、材料はIACSの条件を満たすためにとりわけ質のためのCJRによって選ばれる製造所から供給されている。

シャフトのサイズは9mまでの30mm 180mmまで直径そして長さから利用できる。6m以上のシャフトがCJRか株主によって在庫で一般に保たれない、調達期間は9かまで月である場合もあることに注目すれば。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)